保育士という職業の価値・重要性

現在、保育や介護業界の低賃金がとても問題視され、話題になっています。全産業平均から見て10万円以上低いとか、アンケートでは保育士の資格持ちながら現況保育士として働いていない人が、現在の給与より10万円アップしたら職場復帰を考える、と述べている記事などを目にしたりします。
しかし、逆に保育士の給与を上げるのであれば、もっとスキルアップをしなければならない、という意見もあります。現況の労働を賃金に換算すると妥当な金額ではないか、と。確かに国家資格ではあるものの、医師や看護師、弁護士など収入が高く設定されている職種と作業単位で仕事内容を比べると、難易度は低いように感じられます。
労働力の価値と労働力の重要性は別問題である、というのを思わずにはいられません。誰に伺っても「保育は大切である」というはずですが、「正直、保育は誰でもできるのではないか」という意見も上がるかと思います。今まで家庭内労働で賄ってきた状態が大きく影響しているからではないか、と考えます。
ただ、個人的には保育はとても尊く、こどもの未来にも繋がるので、貧困に陥らない程度の給与額はスキルアップを条件に改善されてほしいものです。
そういった意味では最近、保育の専門学校がこういった問題解決の為に一役かっています。

保育士という、児童福祉法に基づく国家資格が在ります。これは、認定しているのは都道府県知事であり、平成13年(西暦2001年)の11月30日に実施されるようになったものです。
この資格ですが、保育に関する専門学校や大学あるいは短大を卒業しなければ受験資格は得られません。ただ、児童福祉施設において子供の世話といった業務に従事した経験が在る人であれば、高卒者であっても取得可能となっています。また、保育士ですが、求人に関しては厚生労働省が認定している専門の求人サイトが在り、そのサイトで探した方が一番良いとされています。

保育士専門の求人サイトですが、就労できる資格には「資格取得見込みの人」という文言が記載されています。つまり、保育士の有資格者でなくても、試験に合格して取得が見込まれている場合、有資格者とみなされる事になります。

保育士の仕事ですが、保育園において子供の世話をするのが主な業務となります。他人の子供を預かって世話をする事ですが、これは責任は重いです。このため、社会人として責任感が在り、仕事に対して前向きに取り組んで行けるという人であれば、保育士業務については適性とされています。なお、保育士の求人案件ですが、フルタイム勤務だけでなく、比較的ワークライフバランスが保てるパート案件とが在ります。求人に応募する場合、どういった働き方を希望するかを考えた上で応募すると良いでしょう。

<PR1>
心の童話
ショッピングカート
オーディオ
女性向けエステ.com
マッサージのリアル口コミ.com

<PR2>
通信制大学とは
専門学校の選び方